サクラとは...

テキスト音楽「サクラ」は、エディタに『ドレミ』と書けば、その通りに音楽を演奏することができるソフトです。 パソコン+サクラの本体だけで、本格的な音楽制作ができます。

sakurapad.gif

スクリプト機能を持ち繊細な音楽表現やアルゴリズム作曲もできます。 加えて、掲示板6にて、ユーザーさんの作った曲を聴くこともできます。

これまでに、1万曲以上がサクラを使って作られています。小中学校(教育の現場)でも使われています!高校の情報の教科書に掲載されたことがあります。 音楽を楽しむだけでなく、IT教育にもなる一石二鳥なツールです。

もちろん、オンラインゲームやイベント・店内向けBGM素材作成にも使えます。

ユーザーさんの曲を聴こう

ダウンロード

サクラは、無料でオープンソースです。
こちらからダウンロードできます。

テキスト音楽「サクラ」とは?

ワープロ感覚で使える作曲ソフト

サクラは、エディタに、『ドレミ』と書けば、その通りに音楽を演奏することができるソフトです。パソコンの内臓音源を使って、手軽に音楽制作ができるので、DTM(パソコンで音楽を作ること)の入門にも最適です。

スクリプト機能を備えているので、繊細な音楽表現やアルゴリズム作曲など、その機能を拡張することもできます。また、作者WEBページでユーザーが作った、たくさんの曲を聴くこともできます。

例えば、『ドレミードレミーソミレドレミレー』で、チューリップを演奏することが出来ます。

サクラは、MML(Music Macro Language)を、土台として、開発されています。MMLとは、ドレミファソラシを、cdefgabで表してゲームのBGMを記述するために考案された音楽表記言語です。

また、曲中に簡易スクリプトを記述することで、その機能を拡張していけるメリットもあります。 

サクラを使えば、クラシックからポップス、果ては、実験音楽まで、あらゆるジャンルの音楽を、ワープロ感覚で作ることができます。

音楽を作るのに必要なもの

最近のほとんどのパソコンには、GM規格以上の音源(シンセサイザー)が搭載されていますので、このソフトを入手した瞬間より、音楽の製作が始められます。

よって、パソコンの本体以外に、必要となる機材はありません。

しかし、より、本格的に音楽を楽しみたい場合は、各楽器メーカーより販売されているDTM音源や、ソフトシンセなんかを入手すると良いでしょう。

サクラの楽しみ方いろいろ

[初心者編]

サクラを使うと、エディタに向かって『ドレミー』と書けば、ドレミ~♪と音が鳴ります。難しいことは、何もありません!!

  • パソコンで音楽を作ってみたい方!
  • 本格的シーケンサーを持ってるんだけど、使ってない方!
  • ぜひぜひ、サクラで、音楽漬けになってください!!

[中級者編]

「な~んか、サクラで打ち込むの楽しくって!」

「そろそろ自分の曲をみんなに聞いてもらいたいなぁ…、音楽の先輩たちに、アドバイスしてもらいたいなぁ!」

そんなときは、そう、曲データ掲示板へ、曲を書き込んでみよう!!曲掲示板で、生涯のライバルが見つかるかも?!

[上級者編]

サクラには、『ドレミ』表記のストトン表記と、『cde』のようなマクロで音楽が記述できる、MML表記があります。MML表記を極めて、音楽の酸いも甘いも味わってください。

[仙人編]

サクラには、IfやWhileなどの制御構造が使える、スクリプト機能がついてます。音楽は一通り楽しんだ仙人級の方は、スクリプトを使って、アルゴリズム作曲してみてください!!

また、コンセプトミュージックや、現代音楽、実験的音楽や乱数音楽などなど、その筋のマニア的な音楽を楽しめるのも、サクラの醍醐味です。

受賞歴